動画広告をプロに依頼するメリットとデメリット

効果的な動画広告で売上アップ!プロへ依頼するメリット・デメリット

個人へ依頼するメリット・デメリット

製作費用を抑えて依頼出来る

ネットが普及し、働き方も様々な種類があります。その中でもクラウドソーシングといって、仕事を探している個人と仕事を依頼した企業を結び付けてくれるサービスがあります。
もちろん動画広告を単発で製作する事も出来るので、このサービスを利用して製作依頼するケースも多くあります。個人へ依頼する場合、単発での依頼なのでプロへ依頼するよりも低コストで依頼出来ます。
数多くの方が登録しているので様々なジャンルの広告動画を製作したい方にもおすすめです。そしてもう一つ大きなメリットと言えば、短期での依頼も可能と言う点です。単発なので短期でも良いですし依頼主の都合で、人選できるのでスピーディな対応が出来るのも個人依頼のメリットです。

クオリティに差がある事も

個人依頼は低コストでスピーディな納期がメリットですが、クリエイターに寄っては能力に差があります。また中には個人でやっている=趣味の範囲と捉えている方もいますので、こちらの希望にうまく沿ってくれないケースもあります。
こちらは仕事として依頼しているので、その点に関しては強く申し出て問題はありませんが、その場合はまたイチからクリエイターを探さなければならないので面倒だと感じる事もあります。
クリエイターとはメールやチャット、アプリを使ってのコンタクトなので対面と違って細かい支持や要望が伝わらないのもデメリットとして挙げられます。直接取引であれば問題ありませんが、クラウドソーシングでは中間マージンが発生するのでプロよりは安いですが、無駄なコストが発生していると感じる事もあります。


この記事をシェアする