動画広告をプロに依頼するメリットとデメリット

効果的な動画広告で売上アップ!プロへ依頼するメリット・デメリット

プロへ依頼してもデメリットはある?

テンプレートになってしまう事も

大手の動画製作企業は、売上アップが見込める広告をしっかりと分析し、次に活かせるようにデータベース化しているところもあります。
それ故にあまり冒険する様なアイディアや要望を聞き入れるのでは無く、ベタでスタンダードな定番の動画広告を提供する企業もあります。どちらにせよ売上に貢献してくれると考えるのなら問題はありませんが、自社らしい・オリジナリティを重要したいと言う希望だと納得出来ないケースもあります。
またプロへこちらの希望を伝えてもシステム上出来なかったり、デザインとして良くないと言う理由で却下されたりする事もあります。これに関してはお互いのこだわりが強いと言う事になるので、メリット・デメリットどちらにも挙げられます。

多額のコストが発生する

プロへ動画広告の製作を依頼すると、当然ですが自社で製作するよりも多額のコストが発生します。
デザインや動画と言ったクリエイティブなサービスは、目に見えるけれど価値を共有するのが難しいと言う点があります。その為、プロが希望する価格とこちらが希望する価格が食い違う可能性もあります。
事前の打ち合わせである程度は解消されますが、納期をより予定よりもタイトにした場合だったり追加で動画に対する注文をつけたりした場合は費用がプラスされる場合もあるので、注意して下さい。
継続して動画広告を依頼する場合はランニングコストが発生しますし、サーバーも一緒に運用させるのならネットワーク運用として更に費用が加算される事になります。


この記事をシェアする