動画広告をプロに依頼するメリットとデメリット

効果的な動画広告で売上アップ!プロへ依頼するメリット・デメリット

動画広告の効果・役割

動画広告を依頼する際、個人へ依頼するのではなくプロへ依頼するメリットは何でしょうか? 一定のクオリティはもちろんの事、ニーズの高い動画を常にリサーチしているのでターゲットに合わせた動画を製作する事が出来ます。他にもいくつかメリットを公開しています。

プロへ依頼してもデメリットはある?

安定したクオリティや納期厳守など。プロへ依頼すると多くのメリットがあります。 しかしある程度のテンプレートがあるので、あまりにも奇抜な動画や細かな修正がしにくいと言うデメリットも存在します。メリット・デメリットを知り、依頼可否の判断材料にしていきましょう。

個人へ依頼するメリット・デメリット

動画広告を作る場合、必ずしも自社・企業どちらかではありません。近年ではクラウドソーシングやSNSを使って、個人への依頼も可能です。 個人へ依頼する場合のメリット・デメリットを知り、依頼する動画広告はどちらへ依頼すると効率が良いのかを見極めて下さい。

企業へ制作依頼をするメリットは?

スマホやパソコンでネットサーフィンをしていると、何となく目に入る動画広告。テキストや画像広告よりも存在感があり、目を引くのでついつい気になってリンクを踏んでしまう事もあります。
そんな日常に溶け込んでいる動画広告ですが、この広告有無でかなりの差がある事が分かっています。2012年にはスマホ、パソコン合わせて55億円程度した打ち上げが無かったのですが、今や880億円と約15倍まで膨れ上がりました。その背景にはスマホの普及と電子マネーや通販が浸透したり、アプリで使う課金コンテンツのハードルが低くなったりした為だと言われています。簡単に言うとネットでデータや製品を購入するのがより気軽になり、気になる広告にアクセスしやすくなったと言う事です。
そんな効果てきめんの動画広告ですが、自社で作る場合はソフトからサーバー、アクセス先のドメインなど用意するものが数多くあります。特に広告の要である動画を作るのは時間や手間、技術力も必要なので片手間で出来る訳ではありません。
そこで多くの企業は動作広告制作専門の企業へ依頼し、プロの手で動画を製作しています。今回は動画広告を依頼するメリットだけでは無く、企業(プロ)へ依頼する際のメリット・デメリットを公開しています。これまで自社で製作していたところも、コストや時間を算出して本当に効率的なのかを見直すチャンスでもあります。個人依頼にも触れていますので、どちらに依頼しようか考えている方にもおすすめの情報です。